まだ学生だけどお金を借りれる?

まだ学生なんだけどどうしてもお金を借りたい!

 

学生なんだけどお金がないのでお金を借りたい・・・そんな時にキャッシングやカードローンでお金を借りれるかという事ですが、

 

結論からいうと、学生でもキャッシングは可能です。

 

大手消費者金融業者や銀行カードローンでも学生に対応している所もありますし、大手ではありませんが学生キャッシング専門のところなんていうのもあります。もちろん無条件で審査が通るわけではないのですが、学生だからといってキャッシングの審査が受けられないというわけではないのです。

 

しかも、通常の人と同様に、無担保で来店不要で借り入れする事が可能になっています。

 

学生がお金を借りれる条件とは・・・
  • 20歳以上の成人であること
  • アルバイトやパートに従事していて定期的な収入があること
 

学生のキャッシングサービスを行っているところへ申し込む際はこの2点が最低条件となります。

 

言うまでもありませんが、定期的な収入がなければ返済することはできませんし、法律の規制により親の同意なしに未成年が借り入れすることはできないのでこの2点が最低条件となるのです。

 

アルバイトやパートの給与明細や源泉徴収票の提出を求められる場合もありますが、他のキャッシング会社からの借り入れがなければ概ね本人証明書や学生証の提示だけでOKでしょう。

 

 

特に一人暮らしの学生の場合、生活の基盤は実家から送られてくる仕送りになりますが、家賃の支払いに公共料金の支払い、携帯やスマホの支払いなど。

 

その殆どが日常にかかる生活費へ当てられることになるので、他に必要となってくる交際費を考えるとアルバイトをしていたとしても月末になれば財布の中身が大ピンチということも少なくないでしょう。

 

特に就職活動時期にもなるとアルバイトする時間もなく、今まで必要でなかった色々な出費がかかってくるので月末だけでなく慢性的な金欠になることも…


そんなチョッとお金に困った学生の大きな手助けとなるのがキャッシングです。

学生でも借りれるキャッシング・ローンはココ!

限度額

年率

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万
学生:10万以内
4.6%〜14.6% 100万円以下は不要
ジャパンネット銀行
1万〜1,000万 2.5%〜18.0% 200万円以下は不要
プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 50万円以下は不要
アコム
1万〜500万 4.7%〜18.0% 50万円以下は不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万 4.5%〜18.0% 100万円以下は不要

 

学生がお金を借りるにはココがオススメ!

学生の方の場合は100万円とか借りるのは現実的に不可能なので、おそらく5万とか10万とかの少額の借入になると思います。そうなると、年率の高い方が適用されるので、三菱東京UFJ銀行カードローンの14.6%は他と比べてかなり低いのでファーストチョイスとして選ぶのが良いでしょう。

学生専用のキャッシング一覧

限度額

年率

収入証明書

学生ローン キャンパス
1万〜50万 14.4%〜16.8% 50万円以下は不要
学生ローン アミーゴ
3万〜50万 14.4%〜16.8% 50万円以下は不要
学生ローン イー・キャンパス
1万〜50万 14.4%〜16.8% 50万円以下は不要

 

学生専用のキャッシングとは?

上記の3社が学生専用のキャッシングです。20歳〜34歳までの学生を対象としたローンで安定した収入のある方であれば学生でも問題なくお金を借りる事ができます。通常の学生ローンとしてだけではなく、学費目的のローンなど学生に特化したキャッシングメニューがあります。

 

本人確認書などの提出は写メールなどで簡単で申し込みから借入までインターネットで完結できます。この点は普通のキャッシングと同じですね。ただ、学生専用ローンの場合はアルバイト先への在籍確認は基本的にはないようです。名前や電話番号などの情報は必須です。

お金を借りるのに必要な書類は?

いざキャッシングと思い立っても、現在は多くのキャッシング会社があるので利用者はどこのキャッシング会社がいいのか迷うことも少なくないでしょう。

 

キャッシングを行っている会社には消費者金融会社や銀行があり、どこを選ぶのかによって金利などの借り入れ条件や、審査基準などに大きな差が出てきます。

 

 

  • できるだけ安い金利でキャッシングしたいのならば銀行カードローン
  • 迅速にキャッシングしたいのならば金利は少々高くなりますが消費者金融系

 

といったように、どのような条件でキャッシングしたいのかによって選ぶキャッシング会社も変わってきます。しかし選ぶキャッシング会社や利用者の条件によって、申し込み時に用意する必要書類も変わってくるので注意が必要です。

 

基本的な必要書類とは・・・

キャッシングの申し込み時に必ず必要になるのが、運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかの本人確認書類です。学生の場合は学生証も必要になる場合が多いです。

 

この本人確認書も申込者の現在の住所と異なる場合には、NTTや電気・都市ガス、水道、NHKなどの公共料金の領収書もしくは、住民票の写し、印鑑証明が別途必要となってきます。

 

大抵の申し込みの場合にはこのセットさえ手元にあればすぐさま申し込み審査を受けることができるので、住所変更ができていない場合以外は基本的には本人確認書類さえあれば簡単申し込みが可能というわけです。

 

収入証明書類が必要な場合

しかし、本人確認書だけでは申し込み審査を受けることができない場合もあります。

 

その際に必要となってくるのが源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、給与明細書、住民税決定通知書など現在の収入を証明できる収入証明書類です。

 

収入証明書類が必要となる対象の方

まずは他社のキャッシング会社で100万円以上の借り入れがある場合、つまりは他で高額な借り入れをしている場合です。この場合は貸金業法上、年収の3分の1を超える借り入れができないことになっているので、その確認のために必要となってきます。

 

キャッシングの利用金額を高額に設定する場合

キャッシング上限額として一般的な金額は50万円が多いのですが、申込者の希望によって100万円以上に設定することも可能です。この条件を望む場合は必ず収入証明書類の提出を求められます。

 

このように基本的には本人確認書があれば大丈夫と考えて間違いありませんが、中には収入証明書類が必要になることもあるので、まずは自分の条件と照らし合わせて申し込むキャッシング会社が求める必要書類は何なのか事前に調べておいた方が無難ですね。

 

キャッシングは慎重に行いましょう

キャッシングを利用する事は別に悪い事ではありません。多くの方が利用しています。

 

しかし学生の方の場合は、いくらキャッシング審査に通ったといっても定職を持つ社会人のように高額な収入が定期的に入ってくるわけではないので、たとえ利用上限額が高く設定されたとしても借り入れする際は、返済可能な金額を心掛けなければなりません。

 

過剰な借り入れをして返済不能となり金融事故を起こせば信用調査機関に記録が残ることになります。最近は就職時に個人情報の開示を求めてくるところもあるので、それがネックになって入社試験が不利になることも考えられます。

 

そうならない為にも計画的な利用計画を忘れないようにしてください。